お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

災害被災地支援

YMCAでは、全国で頻発する災害において、YMCAが日頃から活動の対象としている子どもたちやその家族を中心に、被災地でのさまざまな支援の提供やボランティアの派遣を行います。被災地で、ポジティブネットが活かされています。

海外での被災地支援活動はこちらから

被災地支援活動

被災地では、緊急支援から中長期の仮設住宅・復興住宅での生活支援まで、そこで暮らす人々のさまざまな困難やニーズへの対応が必要となります。2011年3月11日の東日本大震災の被災地では、今なお復興半ばにある人々への支援を行っています。また、2016年4月14日の熊本地震では、大規模避難所の運営から仮設住宅まで状況に合わせた活動を行っています。

被災地支援募金

YMCAによる被災地支援活動をより迅速かつ効果的に実施するために、日本YMCA同盟ならびに全国のYMCAで被災地支援募金を実施します。現地でのボランティア活動に携わることができなくても、「募金」という形で被災者の方々に寄り添うことが可能です。

募金はこちらから

被災地/支援者の声

  • プールも学習支援も、帰ってくると、ボランティアのお兄さん、お姉さんのことを楽しそうに報告してくれました。震災後の大変な時期に、子どもたちのストレスを和らげてくださったことに感謝しています。
    (YMCA石巻支援センター参加者保護者)



  • 「忘れないでいる」ことが大切です。いつになったら「大丈夫」なんて期限はない。とにかく、まだまだこれからです。「大丈夫、もう支援はいらない」と言われたら最高です。
    (仙台YMCAボランティア)