お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

ピンクシャツデー

「ピンクシャツデー」は2007年、カナダの2人の学生から始まったいじめ反対運動です。
日本のYMCAはこれに賛同し、毎年2月の最終水曜日に全国各地でイベントを実施。教職員や子どもたちがピンク色の服や小物を身に付けていじめ反対をアピールするほか、いじめに関する授業を行うなど、いじめについて考え、いじめられている人と連帯する思いを表す1日としています。

2024年のピンクシャツデーは、2月28日(水)です YMCAは今年も「いじめは一人で解決できないから」をモットーに2月、それぞれの立場で工夫をこらし、アクションを起こします。
2022年度のいじめは過去最多の68万件と報じられる中、つらい日々を送っている子どもたちに寄り添う活動ができるよう目指します。



「ピンクシャツデー」とは

2007年、カナダの学生2人から始まったいじめ反対運動です。


2007年2月、ピンクのシャツを着て登校した少年が「ホモセクシャルだ」といじめられました。それを聞いた先輩2人が50枚のピンクシャツを購入、インターネットで「明日、一緒に学校でピンクのシャツを着よう」と呼びかけました。翌日学校では、呼びかけに賛同した数百名の生徒がピンクのシャツや小物を身に着けて登校。学校中がピンク色に染まり、いじめが自然となくなりました――。 このエピソードはSNS等で70カ国以上に広まっていき、カナダでこの出来事があった2月の最終水曜日は「ピンクシャツデー」とよばれるようになり、いじめについて考え、いじめられている人と連帯する思いを表す1日とされています。


YMCAのピンクシャツデーは

全国の拠点で取り組んでいます


YMCAが運営する保育施設や学童クラブ、学校やスポーツ教室、語学教室などで、教職員や子どもたちがピンク色の服や小物を身に付けていじめ反対をアピールしているほか、授業やトークイベント等でいじめについて考えを深めたり、商店街などと協働でピンクシャツウォーキングを行ったり。毎年、全国各地で工夫をこらし、さまざまな取り組みを行っています。

~ 2024年の活動 ~

全国YMCA発達支援担当者会 【講演会】森 昭憲さん(富山県リハビリテーション病院・こども支援センター)/2月10日(土)10:00-11:30、無料/「子どもたちが健やかに暮らせる世の中をつくるために」申込みはこちら(~1/31締切)➡
YMCAせとうち 【バーチャルウォーキング】みんなで歩いてピンクシャツデーをアピールします/2月10日(土)~18日(日)9日間 *参加無料  詳細はこちら➡
横浜YMCA 【講演会】ゲスト:杉 雄大さん(近畿大学3年生。株式会社releys代表)/2月29日(木)13:00-14:30、無料/「道標(みちしるべ)~まずは知るところから!」詳細はこちら➡
横浜YMCA 【講演会】風巻 浩さん(東京都立大学特任教授/聖心女子大学非常勤講師)/2月3日(土)15:00-17:00、無料/「いじめ・差別・偏見~ともに生きる社会をめざして」チラシはこちら➡
横浜AIDS市民活動センター(運営:横浜YMCA) 【パネル展】 「トランスジェンダ―のリアル2」~性的少数者への理解を深めるために/2月17日(土)~3月9日(土)*日曜休/横浜AIDS市民活動センター 入館無料/詳細はこちら➡