お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

ピンクシャツデー

        

2018年のピンクシャツデーは2月28日(水)。

      

いじめられている子どものサインに気づくには…

あなたの優しさと、ほんのみじかい声かけで
子どもの命を救うことができるかもしれない。
80秒の映像で、考えてみてください。

「ピンクシャツデー」は、2007年、カナダの学生2人から始まったいじめ反対運動です。
ある日、ピンクのポロシャツを着て登校した少年が「ホモセクシャルだ」といじめられました。それを聞いた先輩2人が50枚のピンクシャツを購入、インターネットで「明日、一緒に学校でピンクのシャツを着よう」と呼びかけました。翌日学校では呼びかけに賛同した数百名の生徒がピンクのシャツや小物を身に着けて登校。学校中がピンク色に染まり、いじめが自然となくなったそうです。
このエピソードはSNS等で世界中に広まり、今では70カ国以上でいじめに反対する活動が行われています。カナダで最初にこの出来事があった日が、2月の最終水曜日でした。それ以降、2月の最終水曜日に私たちもいじめについて考え、いじめられている人と連帯する思いを表す1日としています。

全国YMCAピンクシャツデーポータルサイトはこちらから

*熊本YMCAは国内最大のファンドレイジングサイトJAPANGIVINGで、この動画を一人でも多くの人にみていただくための支援を募っています。ご支援はこちらから。