ホーム > プログラム・活動紹介 > 国際協力

国際協力

概要

2015年現在、YMCAは世界119の国と地域で活動を展開し、世界各地域に広がるネットワークを生かして国際協力活動を行っています。
YMCAの国際協力活動は、すべての子どもや青年が、自分らしく生き、成長することを願います。民族や宗教・宗派の違いを超え、平和に暮らせる社会を目指します。紛争や災害、貧困の中に暮らす人びと、特に青年・女性・子どもたちの側に立つ視点を大切にします。ボランティアやスタッフの養成を行い、行政や他団体と協力します。

地域の開発と自立支援

貧困の中に暮す人びとが自立して生きるための就学支援、医療支援、職業訓練、生活環境の整備など文化習慣を尊重し行います。

青年のリーダーシップ開発

海外での豊かな出会いを経験し平和な社会を担う人として成長することを願い、積極的に各地へ派遣しています。

地球市民育成

世界に目を向けた思考力、地域で実践する力を備えた青少年を育成します。年間を通して行う研修プロジェクトでアジアの各国からのも参加があります。

難民・在日外国人への協力

国内外において難民・移民、少数民族、在日外国人など、弱い立場にある人びとの自立および人権擁護に協力します。また、民族間の紛争和解の働きを支援します。

災害復興のための協力

紛争・自然災害などによる被災者を支援する現地のYMCAに対し協力をします。被災地には中・長期的支援が必要と考え、継続的支援を行います。

アジア・世界YMCA運動への協力

アジア・太平洋YMCA同盟や世界YMCA同盟(スイス・ジュネーブ)が進めるプロジェクト、災害被災地支援に協力します。

学習・啓発活動

YMCAの国際協力は何を目指し、どのように実施されているのか、より多くの人びとに呼びかけるための啓発活動を行います。

YMCA国際協力募金

すべての人々が平和にいきいきと暮らすことができる社会をつくり出すための国際協力・地域奉仕活動に用いられます。

フォトコンテスト

一枚の写真が感動を呼び、新たな活動や出会いが生まれることを願って行っています。

参加者の声

活動を続ける

最後の日、このニアス島の人が「この活動を続けることが大切だ」と言ってくれました。僕は現地の子ども達と共にキャンププログラムを作り上げました。人と出会い、自然と触れ合い、さまざまなプログラムを通してこの島の子ども達が本当の豊かさを知る貴重な人材となって将来この島を支えていくのだと思います。(震災により被害を受けた地域でのワークキャンプ参加者)

仲間として関心を持つことが第一歩

日本国内にだけに目をむけているとアジアや世界、この地球で起こっていることと私たちの生活との関係は何も見えません。できることならアジアを訪ねたり、日本在住のアジアの友人を作ってみませんか。本音で付き合えるようになると、今まで見えなかったアジアや世界と日本が少しずつ見えるようになると思います。(奈良YMCA/Oさん)

地球市民育成プロジェクトに参加して

「自分一人が動いたところで、何も変わらない」という考え方でなく、今自分ができることから始めて自分が変わることが大切なのだということを学びました。貧困や差別によって社会の中で弱くされている人々への支援は、そこに生きているいる人々が実際に何を求めているのか足を運び、耳を傾け、持続可能な社会を一緒に目指す必要があることを知りました。(YMCAせとうち/Aさん)

お問い合わせ

YMCAのプログラム・活動に参加をご希望される方は、こちらのページでお近くのYMCAを探すことができます。
皆様のご参加を心よりお待ちしています。