ホーム > プログラム・活動紹介 > チャイルド・ケア

チャイルド・ケア

概要

YMCAでは、さまざまな形態でキリスト教理念にもとづいた保育プログラムを行っています。YMCAは、幼な子が生きて生活していることそのものが神の恵みであると考えます。一人ひとりが神さまに与えられている賜物を十分に発揮させながら、Spirit(信じることのできる人に)Mind(ゆたかな、思いやりの心をもつ人に)Body(すこやかに生きる人に)の調和のとれた人に育つように、子どもたちを家庭から、そして神からお預かりする気持ちで保育していきます。

チャイルドケア

YMCAは、子どもたちが一人ひとりのペースで健やかに伸びやかに育つことと、ファミリーサポートを目的として、さまざまな形で育児支援プログラムを展開しています。

保育園

YMCAの保育園では基本的な生活習慣を身につけることとともに、ご家庭と連携しながら、子どもたちの主体性を大切にした保育を心がけでいます。

幼稚園

YMCAの幼稚園では、季節の行事を大切にし、年齢にあわせたさまざまな遊びや運動、野外保育などをとおして、社会的な関心、国際的な視野と芸術的な感性を養います。

アフタースクール(小学生の放課後保育)

子どもたちは遊びを通して社会性を身につけていきます。アフタースクールは子どもたちに放課後の生活の場を提供し、保護者のみなさんが安心して働ける環境をつくります。

参加者の声

会話もはずんでいます

先生がすぐ名前を覚えてくださって嬉しかったです。他のお母さん達とも会話でき、よかったです。なかなか意識しないと子どもと向き合って一緒に遊ぶことができないので、このような場があってよかったと思います。子どももYMCAという場を認識し行くのをを楽しみにしているようです。(保護者/Tさん)

"心の成長"を大切に

子どもたちは褒められることで自信がつきます。仲間との交流で、人を思いやる心が育ちます。困難なことにチャレンジし、乗り越える経験が子どもを大きくします。年下のお友だちの面倒を見ることでうまれる責任感があります。子どもたちには本来持っている可能性を伸ばしていって欲しいと思います。(熊本YMCA/Kリーダー)

お問い合わせ

このプログラム・活動に参加をご希望される方は、こちらのページでお近くのYMCAを探すことができます。
皆様のご参加を心よりお待ちしています。