ホーム > YMCA地球市民国際フォトコンテスト2012

YMCA地球市民国際フォトコンテスト2012

分かち合おう!「出会い、思い、願い」YMCA地球市民国際フォトコンテスト2012

1枚の写真が世界を変える

わたしたち日本のYMCAは、アジアを中心として災害、紛争、貧困など困難な状況の中にある人々・子どもたちに、仲間として寄り添い、ひとりひとりの「いのち」と出会い、触れ合うことを大切に、また、青少年が活動を通して豊かに成長することを願い、国際協力・交流活動を続けてきました。このコンテストは、参加者自身が撮影した写真を通して、その時の思いや願いを多くの方と分かち合いたいとの願いをもって開催しています。

今回は147の作品が寄せられ、日本を含むアジア各国・地域やアメリカ等などでのスタディツアーやキャンプ、被災地支援、交流キャンプなどの活動の場面が実にさまざまな目線でとらえられていました。

審査の結果、YMCA賞に岡山YMCAの白鳥雅人さんの作品「だるまさんが、、、、ドキドキ」が選ばれ、このほか金賞、銀賞各2作品、銅賞7作品、協賛企業賞12作品、審査員特別賞1作品、海外特別賞2作品が入賞となりました。

YMCA地球市民国際フォトコンテスト2012入賞作品

YMCA賞

タイトル だるまさんが、、、、ドキドキ
撮影地 インドネシア
(第6回インドネシアジョグジャカルタワークキャンプ)
撮影者 岡山YMCAスタッフ 白鳥雅人
選評 子ども達が止まった瞬間を見事な構図でとらえています。表情も最高で、見ているこちらまで楽しくなるような写真です。

金賞

タイトル みんなに会いにきたよ
撮影地 フィリピン(フィリピンアルバイYMCAワークキャンプ2012)
撮影者 名古屋YMCAリーダー 小林舞
選評 しっとりした緑の色といい、水たまりをよけながら歩く子どもの表情といい、全体の構図といい、ステキな一枚です。

タイトル 語り合う時
撮影地 インド(第17回学生YMCAインドスタディキャンプ)
撮影者 立教大学YMCAメンバー 鏑木敦詞
選評 狭い空間の中に、実に多彩な「気持ち」が写し込められているように思います。期待や不安、若干の疲れ...旅の臨場感がよく伝わって来ます。

銀賞

タイトル 乗れた!
撮影地 タイ(第26回タイ農村ワークキャンプ)
撮影者 仙台YMCAリーダー 黒澤繁輝
選評 狭いフレームの中に3人の顔がはみ出しながら映っている動きのある映像が楽しい作品です。こうなると背景は関係なく表情が生きてきますね。

タイトル 太陽の笑顔
撮影地 ミャンマー(ミャンマーワークキャンプ)
撮影者 大阪YMCA会員 隠岐絵里
選評 何気ない光景ですが、現場の音やにおいまで伝わってくるような、そんな写真だと思います。窓から差し込む光もきれいで先生の笑顔をさらに素敵なものにしています。

銅賞

タイトル 'cause you're my friend!
撮影地 アメリカ(Dynamic summerハワイ Alohaサーフィンキャンプ)
撮影者 東京YMCAスタッフ
依田あゆみ

タイトル のびのびと自由に♪
撮影地 ミャンマー(第17回ミャンマーボランティアの旅)
撮影者 横浜YMCAスタッフ 白井美穂

タイトル ヌン・ソーン・サームは
いち・に・さん
撮影地 タイ
(第29回タイワークキャンプ)
撮影者 神戸YMCAスタッフ 水野宏明

タイトル 風化させない
撮影地 岩手県陸前高田市(宮古ボランティアワークキャンプ)
撮影者 広島YMCAスタッフ 家守治司

タイトル 輝く笑顔
撮影地 東ティモール(サッカー指導)
撮影者 熊本YMCAスタッフ 徳永祥太

タイトル ウチに帰ろう
撮影地 パキスタン
(ラホールYMCA訪問)
撮影者 学生YMCA協力者 神代大輔

タイトル いのり
撮影地 中国(四川訪問)
撮影者 日本YMCA同盟スタッフ 島田茂

協賛企業賞

タイトル 乗り心地は最高
撮影地 ベトナム(第17回ベトナムボランティアワークの旅)
撮影者 北海道YMCAリーダー 
藤田凱

タイトル 海外から『すくい』の手です!
撮影地 岩手県宮古市(シアトルYMCAによる東日本大震災支援プログラム)
撮影者 YMCA宮古ボランティアセンタースタッフ 木田泰之

タイトル ゴミリンピック
撮影地 フィリピン(フィリピン・ナボタス・タラ村交流キャンプ)
撮影者 とちぎYMCAスタッフ 
小野寺温代

タイトル 校庭
撮影地 フィリピン(第25回フィリピンワークキャンプ)
撮影者 埼玉YMCAスタッフ 
青柳真理子

タイトル はじめてのソフトボール
撮影地 埼玉県(会員ソフトボール大会・にほんご学院チーム)
撮影者 東京YMCAスタッフ 
柳原みずき

タイトル 未来に・・・
撮影地 パレスチナ(パレスチナオリーブ収穫ツアー)
撮影者 横浜YMCAスタッフ 
千代木ひかる

タイトル そ~れっ!
撮影地 ベトナム(ベトナム・カンボジアピースキャンプ)
撮影者 富山YMCAリーダー 陽弥生

タイトル はっけよーい!のこった、のこった
撮影地 インドネシア(第6回インドネシアジョグジャカルタワークキャンプ)
撮影者 岡山YMCAスタッフ 白鳥雅人

タイトル 8年間の"想い"
撮影地 広島市(平和の灯ろう流し)
撮影者 広島YMCAスタッフ 家守治司

タイトル マングローブの成長を願って
撮影地 マレーシア(APAYユースアッセンブリー)
撮影者 広島YMCAスタッフ 大西夕子

タイトル 父の帰りを待つ母と娘
撮影地 インド(日本YMCA同盟インドスタディツアー)
撮影者 日本YMCA同盟名誉主事 
宮崎幸雄

タイトル Whatever you need
撮影地 宮城県山元町(シアトルYMCAによる東日本大震災支援プログラム)
撮影者 日本YMCA同盟スタッフ
山根一毅

審査員特別賞

タイトル 山頂からの夕日
撮影地 インド(第17回学生YMCAインドスタディキャンプ)
撮影者 東北大学YMCAメンバー 川上侑
選評 構図、光の扱い方など、たいへん完成度の高い作品だと思います。頂上まで登った感動とそこから見た風景の厳かな感じがうまく一枚の中に収められています。

海外特別賞

タイトル This is my fruits
撮影地 インドネシア(English Fun with Children of Bintan Village,Bantul-Yogyakarta)
撮影者 ジョグジャカルタYMCAユースメンバー Ronald Nababan

タイトル Jankenpon
撮影地 インドネシア(Youth Work Camp 2012)
撮影者 ジョグジャカルタYMCAユースメンバー 
Richa Chlarramita O

審査

審査はタイトル、添えられたコメントを読みながら進めました。写真の技術にとどまらず、仲間、出会い、平和、いのち、いのりなどがとらえられ、YMCAの活動やその時の思い、感動、現地の状況、メッセージを伝える作品を大切に、撮影地、被写体などを考慮しながら幅広く選びました。

審査の様子

審査員

  • 菰渕光彦氏(元TV-CMプロデューサー/東京サンライズワイズメンズクラブメンバー)
  • 粂川真木彦氏(写真家)
  • 高橋美香氏(写真家)
  • 協賛企業・団体他

審査総評

今回は出品数も多く、力作ぞろいで例年以上に難しい審査となりました。現地で活動をしている様子がわかる作品がたくさんあり、同じ地球に暮らす仲間の存在をより近くに感じることができました。笑顔の写真だけではなくさまざまな表情をとらえ、その時の思いやその場の空気感が映し出されている作品など、バリエーション豊かでレベルの高さを感じました。もう少しだけ構図を考えたらさらによい写真になるという惜しい作品も見受けられました。10回目となる次回も思い切った作品の登場を期待しています。

審査の様子

協賛企業・団体

  • あかつき印刷株式会社
  • アーバンツーリスト株式会社
  • 株式会社トライ
  • 社会福祉法人東京コロニー・コロニー印刷
  • ワイズメンズクラブ国際協会東西日本区