ホーム > 国 際賛助会 > チャリティーラン

チャリティーラン

Facebookリンク

あなたの助けを必要としている人がいます。

YMCAインターナショナル・チャリティーランは障がいのある子どもたちもそうでない子どもたち も共に幸せに生きていける社会をめざし開催しています。 1987年に国際賛助会(FCSC)主催で、初めてのチャリティーランを東京で開催して以来、これまでに 4億9,200万円以上のご寄附を皆さまからお寄せいただき、その全額をYMCAが全国で展開する障がい児 プログラムに充当させていただきました。現在、チャリティーランは全国17カ所にまで広がって年間 1万2千人以上の皆さまにランナーやボランティアとしてご参加いただいています。

有森裕子大会委員長
 

有森裕子さんがYMCAインターナショナル・チャリティーラン全国大会委員長に就任

障がいのある子どもたちを応援するためにチャック・ウィルソンさんの提唱により1987年に始 まったYMCAインターナショナル・チャリティーランですが、2011年9月の東京YMCAチャリティーラン をもってチャック・ウィルソンさんが大会委員長を退任され、2012年度より有森裕子さんが大会委員 長に就任されました。
また大会副委員長には国際賛助会理事のマーク・カトラーさん(Mark Cutler, ジョンソンコント ロールズ株式会社代表取締役)が就任され、2012年度より新しい体制でスタートしました。

<有森裕子さんプロフィール>
1966年岡山県生まれ。就実高校、日本体育大学を卒業して、(株)リクルート入社。
バルセロナオリンピック、アトランタオリンピックの女子マラソンでは銀メダル、銅メダルを獲得 。
2007年2月18日、日本初の大規模市民マラソン『東京マラソン2007』でプロマラソンランナーを引 退。
1998年NPO法人「ハート・オブ・ゴールド」設立、代表理事就任。
2002年4月アスリートのマネジメント会社「ライツ」(現 株式会社RIGHTS. )設立、
取締役就任。スペシャルオリンピックス日本 理事長、他など幅広く活動をしている。

大会委員長 有森裕子さんのメッセージ

あなたの助けを必要としている人に手を差し伸べてください。
                                 YMCAインターナショナ ル・チャリティーラン大会委員長 有森裕子

私たちは災害や紛争で困難の中にある人たちのニュースを耳にするとき、たとえ世界の果てで あっても飛んでいって「とにかく力にならなくては」という強い思いにかられます。しかし、なぜか すぐ近くで悩んでいる人の苦しみには気づかずに手遅れになってしまうことがままあります。
「誰かのためになりたい」、「ボランティアをやってみたい」、「社会のためになることをやっ てみたい」と思っているなら、TVやインターネットに向かうだけでなく周囲を見渡してみてください 。あなたの助けを待っている人はいつもすぐ近くにいます。

YMCAインターナショナル・チャリティーランは障がいのある子どもたちを応援するイベントで す。障がいのある人もない人も共に走り、支えあうことで障がいのある子どもたちが幸せに生きてい くための理解と共感の浸透を広げることをミッションとし、全国で開催しています。ぜひあなたも参 加してください。私たちがめざすのは障がいのある人もない人もすべての人たちが共に幸せに暮らす ことができる社会です。社会を変えていくためには多くの人の力が必要です。どうかあなたの力を貸 してください。

2015年度全国YMCAチャリティーラン開催スケジュール

主催・共催 各YMCA、日本YMCA同盟 国際賛助会、ワイズメンズクラブ国際協会東西日本区
全国協賛 三菱商事株式会社、富士通株式会社、ステートストリート・コーポレーション
全国後援 内閣府、厚生労働省、(福)全国社会福祉協議会
YMCA 開催日時/場所/回数 参加費 チーム人数/ルール 担当者
北海道 5月17日(日)
真駒内公園ジョギングコース
第20回
15,000/チーム 5名
たすきリレー(宣言タイム)
三並 真樹子
佐藤 雅一
Tel:011-561-5217
Fax:011-563-0041
3,000/ファミリー・グループ 1組(10人以下)
(宣言タイム)
2,000/大人
500/子ども
1名
(宣言タイム)
3,000/ジュニアチーム 5 名たすきリレー
(宣言タイム)
京都 5月17日(日)
鴨川公園
第11回
3,000/1名 4名(チーム・中学生以上)
※学生は1,000
藤尾 実
加藤 俊明
Tel:075-231-4388
Fax:075-251-0970
3,000 一般個人(中学生以上)
※学生は1,000
5,000/チーム 2~5名
(ペア、家族、グループ)
2,000/チーム 4名
(小学5、6年生)
1,000/チーム 2名
(小学生1名+大人1名)
和歌山 5月31日(日)
市民スポーツ広場
紀ノ川河川敷特設コース
第3回
8,,000/グループ 4名たすきリレー
(順位/宣言タイム)
小川 隆平
Tel:073-473-3338
Fax:073-473-2666
3,000/個人 1名/順位
1,500/個人 1名/順位
(中学生以下)
山梨 6月13(土)
甲府市・小瀬スポーツ公園
山梨中銀スタジアム
第18回
30,000/チーム 5名(内1名は子ども又は女性)
たすきリレー
(順位/宣言タイム)
露木 淳司
保坂 克子
Tel:055-235-8543
Fax:055-235-8553
とちぎ 6月28日(日)
栃木県総合運動公園
第10回
30,000/チーム 1チーム
5名
小松 康宏
Tel:028-624-2546
Fax:028-624-2489
無料 スタンプラリー
(一般)
無料 スタンプラリー
(子ども)
仙台 9月23日(祝・水)
東北学院大学泉キャンパス
陸上競技場
第21回
30,000/チーム 6名
たすきリレー
青木 絵美
Tel:022-222-7533
Fax:022-222-2952
5,000/チーム ファミリーラン
(人数は自由)
東京 9月23日(祝・水)
木場公園
第29回
100,000/チーム 6名(内女性1名以上)
たすきリレー
(順位)
戸坂 昇子
Tel:03-3615-5568
Fax:03-3615-5578
大阪 10月12日(祝・月)
花博記念公園鶴見緑地
特設コース
第21回
30,000/チーム 5名たすきリレー
(順位)
内山 雅文
田宮 芳光
Tel:06-6441-0894
Fax:06-6445-0297
グループラン
3,000/チーム 5名以下(内大人1名以上)ファミリー、キッズラン
千葉 10月17日 (土)
船橋市運動公園
第18回
30,000/チーム 6名
たすきリレー
(順位/宣言タイム)
井澤 珠代
平田 真姫
Tel:043-222-3811
Fax:043-222-5061
横浜 10月17日(土)
みなとみらい21臨港パーク
第18回
50,000/チーム 5名(内女性1名以上)
たすきリレー
(順位)
生井 知三
Tel:045-433-4321
Fax:045-432-6973
奈良 10月18日(日)
平城宮跡
第4回
15,000/チーム 5名
たすきリレー
(宣言タイム)
村上 一志
Tel:0742-44-2207
Fax:0742-46-7550

3,000/1名
(中学生以上)

1名/順位
茨城 10月31日(土)
洞峰公園予定
第2回
16,000/チーム(一般)
8,000/チーム(小学生以下)
4名たすきリレー(宣言タイム) 和田 賢一
Tel:029-852-4128
Fax:029-855-1947
神戸 11月3日(祝・火)
しあわせの村
第18回
5,000/グループ 原則5名以内 古谷 佳之 
大田 靖之
Tel:078-793-7402
Fax:078-793-7470
2,000/小学生チーム 男子4名または女子4名(4年生、5年生、6年生)
2,000/1名(中学生以上) 1名(順位)
埼玉 11月3日(祝・火)
航空記念公園
第16回
30,000/チーム 5名(内女性1名以上)たすきリレー 太田 聡
Tel:048-834-0236
Fax:048-834-0237
福岡 11月3日(祝・火)
大濠公園周回コース
第6回
15,000/チーム 5名(宣言タイム制)
森本 弘太
Tel:092-831-1771
Fax:092-822-8701

3,000/1名

一般
1,500/1名 中・高校生
5,000/1家族 人数自由・ファミリーパフォーマンス
名古屋 11月7日(土)
名城公園
第22回
50,000/チーム 6名(内女性1名以上)
たすきリレー(順位)
牧 賢範
Tel:052-757-3331
Fax:052-757-3332
5,000/個人(一般成人) 1名
(順位)
2,000/個人(高校生以下) 1名
(順位)
鹿児島
11月21日 (土)
鹿児島県立吉野公園
大芝生広場
第6回
2,000/1名(高校生以上)
500/1名(中学生以下)
2~10名 新内博之
Tel:099-296-7901
Fax:099-296-7902
500/1名(未就学児)) 1名(1/100マラソン)
広島 11月23日(祝・月)
広島中央公園
第21回
15,000/チーム 5名
たすきリレー
(宣言タイム)
中奥 岳生
Tel:082-228-1151
Fax:082-211-0366

2014年度全国YMCAチャリティーラン報告

主催・共催 各YMCA、日本YMCA同盟 国際賛助会、ワイズメンズクラブ国際協会東西日本区
全国協賛 三菱商事株式会社、富士通株式会社、ステートストリート・コーポレーション
全国後援 内閣府、厚生労働省、(福)全国社会福祉協議会
開催回数 開催地区 収益金 ランナー数 ボランティア人数 参加総人数
19 北海道 392,308 210 78 288
10 京都 3,856,688 727 410 1,137
2 和歌山 1,818,583 309 110 419
17 山梨 1,730,926 250 100 350
9 とちぎ 2,862,225 373 317 690
20 仙台 1,518,231 415 182 597
28 東京 8,519,190 510 250 760
20 大阪 3,329,286 446 132 578
17 千葉 1,002,591 154 224 378
17 横浜 6,633,941 590 249 839
3 奈良 1,334,864 177 115 292
21 名古屋 4,191,022 309 175 484
17 神戸 2,431,450 987 246 1,233
15 埼玉 964,468 175 50 225
5 鹿児島 724,455 137 30 167
5 福岡 455,906 150 105 255
20 広島 1,068,274 420 130 550
1 茨城 695,308 126 38 164
TOTAL 43,529,716 6,465 2,941 9,406