YMCA東山荘の東日本大震災支援活動

対象者別メニュー

  • キャンペーン
  • 学校等でご利用の方
  • 企業・団体でご利用の方
  • 趣味やスポーツでご利用の方
  • 家族・友人でご利用の方

トップページ > YMCA東山荘の東日本大震災支援活動

YMCA東山荘の東日本大震災支援活動

【ご報告】JCCCNC協賛 東日本大震災支援 第1回くろっちょキャンプ

2013年08月12日

8月4日(日)よりYMCA東山荘では、東日本大震災による
原発事故の影響を受けているご家族のリフレッシュを目的としたキャンプ
「JCCCNC協賛 第1回くろっちょキャンプ」を開催し、22家族64名の方が
ご参加くださいました。

キャンプの様子はこちらからご覧いただけます。

▼8月4日(日) キャンプ1日目
▼8月5日(月) キャンプ2日目
▼8月6日(火) キャンプ3日目
▼8月7日(水) キャンプ4日目
▼8月8日(木) キャンプ5日目
▼8月9日(金) キャンプ6日目

YMCA東山荘のリフレッシュキャンプでは、屋外での活動や自然のものを積極的に
取り入れていくことに主眼をおき、プログラムやスケジュールを組み立てています。
ハイキング、水遊び、自然のものを使ったクラフト製作、公園あそび、キャンプファイヤー、
バーベキューなど、これらのプログラムをとおして、子どもも大人も、日常生活で
気にしなければならなくなってしまったことにしばられず、のびのびと過ごすことが
できました。

今回のキャンプには、YMCA東山荘のリフレッシュキャンプに以前にご参加くださったことのある
ご家族も多く、お互いの再会をよろこんだり、自発的にキャンプの運営をお手伝いくださる
保護者の方もいらっしゃいました。

キャンプに参加された保護者の方からうかがったお話をご紹介します。

キャンプの良いところ
キャンプの何がいいのだろうと考えていたのですが、少しわかりました。
この東山荘に着いたとたん、保養の為に来たとか、リフレッシュしに来たとか、
そんなこともみんな忘れてしまうんですよ。みんな。楽しさの中にどっぷり入ってしまって、
日頃ずっと考えている難しいことやストレスから、完全に離れることができるから、
キャンプはいいんです。

原発事故はまだ収束していない
原発から比較的遠いところのホットスポットでは、時間の経過とともにだいぶん
空間放射線量が下がりました。しかし、震災直後、同じくらいの線量値だった
原発に近いいくつかの地域は現在、住んでいる地域ほど線量が下がっていません。
明らかに線量の減少するスピードがゆっくりで、素人考えでもまだ福島第一から
放射能物質が出続けていると感じます。そしてこの現実に慣れてしまっている事が恐ろしい。


キャンプ最終日。東山荘を出発するまえに、あるお母さまがこんなことを
おっしゃっていました。

家に帰ると現実が待っているけど、このキャンプの楽しかったことを思い出して、
1日1日乗り越えていきたいと思います。


東日本大震災による困難と向き合っている方に、私たちができることは
あまりにも少ないですが、私たちにできることをこれからも続けていきたいと
思っています。


今回のキャンプはJCCCNC(北カリフォルニア日本文化コミュニティセンター)の
ご支援をいただいて開催することができました。キャンプ期間中には、事務局のある
サンフランシスコと東山荘をスカイプでつなぎ、参加者と支援者の交流を
行いました(その様子はこちらからご覧ください)。

キャンプのプログラムではNPO法人 土に還る木森づくりの会、こども音楽教室のみなさまに
ご協力をいただきました。キャンプを支えてくださったすべての皆様に心から感謝申し上げます。

【キャンプの様子をご紹介します】参加者とJCCCNC事務局(米国サンフランシスコ)との交流

2013年08月08日

8/4(日)からYMCA東山荘で行っている「くろっちょキャンプ」。
みなさん元気に5日目をむかえています。

このキャンプは「北カリフォルニア日本文化コミュニティーセンター(JCCCNC)」という、日系アメリカ人の歴史、伝統、文化を維持し、深めることを目的とした米国にあるNPOの支援により開催しています。今朝はこのJCCCNCの事務局のある米国サンフランシスコとYMCA東山荘をスカイプでつなぎ、キャンプ参加者とポートくださっている支援者の方々との交流を行いました。

キャンプに参加されている保護者の方からは、日常生活の様子や原発事故の影響を受けている地域を離れた場所で過ごすことの重要性について、子どもたちからはキャンプで楽しかったこと、なぜ遠く日本に住む自分たちのために支援をしてくれているのかなど、率直な想いや質問を投げかけ、伝えることができました。そして最後に参加者全員で、感謝の気持ちをキャンプソングにのせて、歌のプレゼントを贈りました。

日本の状況を理解し、支援をしてくださっているみなさんと実際にお話をすることができ、とても有意義な時間となりました。

早いもので、キャンプも残すところあと3日となりました。今日は午前中はクラフト製作、午後は楽器作りとその楽器をつかってのコンサートを行います。

北カリフォルニア日本文化コミュニティーセンター(JCCCNC )は、日系アメリカ人の歴史、伝統、 文化を維持し、深めることを目的とした、サンフランシスコのジャパンタウンに事務局を持つNPO。文化的、 教育的、社会的なプログラムを提供している。

【キャンプの様子をご紹介します】JCCCNC協賛 第1回くろっちょキャンプ

2013年08月06日

8月4日(日)よりYMCA東山荘で行われている、東日本大震災による原発事故の影響を
受けているご家族のリフレッシュを目的としたキャンプ「JCCCNC協賛 第1回くろっちょキャンプ」は本日3日目を迎えています。

キャンプ1日目、2日目の様子をこちらからご紹介します。

▼8月4日(日) キャンプ1日目の様子
▼8月5日(月) キャンプ2日目の様子

太陽が見えかくれしている御殿場ですが、東山荘には参加者のみなさんの楽しそうな
声と笑顔であふれています。

毎日楽しいプログラムが目白押し。今夜は野外バーベキュー。
明日はYMCA東山荘ネイチャープログラム「ふじさんぽ」で富士山へ出かけます!

【プレスリリース】東日本大震災支援 心身のリフレッシュキャンプ開催

2013年08月02日

【プレスリリース】

東日本大震災による原発事故の影響を受けている方のための心身のリフレッシュを目的としたャンプを開催  

公益財団法人日本YMCA同盟国際青少年センター東山荘では、2013年8月4日(日)~10日(土)に、
東日本大震災による原発事故の影響を受けている方のための心身のリフレッシュのためのキャンプを開催します。

協賛:北カリフォルニア日本文化コミュニティーセンター(JCCCNC)
主催:(公財)日本YMCA同盟国際青少年センター東山荘(静岡県御殿場市)

■キャンプについて
このキャンプは福島県内や周辺地域、また避難先での緊張やストレスを伴う日常生活から少し離れ、
富士山麓の静岡県御殿場市にある宿泊施設にて家族で楽しく自然に触れ合い、長年にわたり培われた
YMCAキャンプのノウハウを取り入れたプログラムを通して、心と身体のリフレッシュをすることを目的とし、
約1週間の滞在型で実施します。放射能被害により屋外での活動に制限のある福島県にお住まいの方や
福島を離れ避難生活を送られている方を中心に22家族64名の方が参加されます。

■キャンプ中にスカイプによる参加者と支援者(米サンフランシスコ)との交流を予定
本キャンプは北カリフォルニア日本文化コミュニティーセンター(JCCCNC :日系アメリカ人の歴史、伝統、
文化を維持し、深めることを目的とした、サンフランシスコのジャパンタウンに事務局を持つNPO。文化的、
教育的、社会的なプログラムを提供している)からの協賛をいただき実施いたします。

キャンプ期間中の8月8日(木)には、静岡県御殿場市と米サンフランシスコをスカイプでつなぎ、
参加者と支援者との交流を予定しています。

詳しくは下記までお問い合わせいただければありがたく存じます。

■キャンプ実施要項
日 程:2013年8月4日(日)~10日(土)7日間
場 所:公益財団法人 日本YMCA同盟国際青少年センター東山荘(静岡県御殿場市東山1052)
参加者:東日本大震災による原発事故の影響を受けている22家族64名(予定)
スタッフ・ボランティア:日本YMCA東山荘スタッフおよびボランティア10名
プログラム(概略):
8/4(日):参加者到着/オリエンテーション
8/5(月):YMCA東山荘内での自然遊び/水遊び/花火大会
8/6(火):運動遊び/クラフト製作/バーベキュー
8/7(水):YMCA東山荘ネイチャープログラム「ふじさんぽ」/キャンプファイヤー
8/8(木):スカイプによる参加者と支援者との交流(午前9時~10時)/楽器作りとコンサート/自由時間
8/9(金):自由時間/キャンプファイヤー 
8/10(土):朝食後解散

■お問い合わせ
公益財団法人 日本YMCA同盟国際青少年センター東山荘
TEL: 0550-83-1133 / FAX: 0550-83-1138

【ご案内】東日本大震災支援 夏休み特別宿泊プラン

2013年07月11日

東山荘で元気をチャージ!  
東日本大震災支援 夏休み特別宿泊プラン

YMCA東山荘では、東日本大震災の影響を受けられている方のための、
夏休み特別宿泊プランをご用意しております。

富士山麓の東山荘にゆったりとした気分で滞在し、親子で、ご家族でリフレッシュしませんか。
YMCA東山荘からは富士山周辺や箱根などへの観光にも便利です。

*本プランは日本YMCA同盟国際青少年センター東山荘の
東日本大震災支援活動の一環として実施いたします。   

●期間
2013年7月25日(木)~8月31日(土)
(1泊からご希望の日程でお申込みください)

●対象者
原発事故を含む東日本大震災被災地に居住、および
対象地域外に避難中のご家族
(岩手県、宮城県、福島県、青森県、茨城県、栃木県及び千葉県の一部)。

●費用(消費税込み)
3歳以上小学生以下の親子2名1泊2食9,000円
・昼食をご希望の方はご用意をいたします。ご予約時にお申込みください。  
・追加料金:大人1名:5,000円/子ども(3歳~小学生):4,000円 

●その他
*8月4日(日)~10日(土)はYMCA東山荘主催「第1回くろっちょキャンプ」
開催しています。この期間にご滞在される場合は、くろっちょキャンプの
プログラムの一部にご参加いただくことができます(詳細はお問い合わせください)。

*ご希望の宿泊日がすでに満室の場合がございます。予めご了承ください。
宿舎につきましては、ご希望日の予約状況をもとにご相談させていただきます。

【東日本大震災支援 夏休み特別宿泊プランのご予約・お問い合わせ】
公益財団法人 日本YMCA同盟国際青少年センター東山荘
静岡県御殿場市東山1052
TEL:0550-83-1133 / FAX: 0550-83-1138
*ご予約の際に「東日本大震災支援夏休み特別宿泊プラン利用希望」の旨をお伝えください。

前のページ2 > 3 > 4 > 5 > 6

施設名称

YMCA東山荘
〒412-0024 静岡県御殿場市東山1052[地図

お問い合わせ先

電話番号
0550-83-1133
FAX番号
0550-83-1138

ページトップへ