ホーム > 最新情報 > 「世界一大きな授業」のすすめ方実践者のためのワークショップ参加者募集

最新情報

「世界一大きな授業」のすすめ方実践者のためのワークショップ参加者募集

更新日:2017年3月21日

 「世界一大きな授業」は、世界の現状に目を向け、教育の大切さを、同じ時期に考えようという地球規模のイベントです。「世界中の子どもに教育を」を合言葉に、2003年にスタートし、2008年には、885万人が参加し、ギネスブックにも登録されました。日本でも2016年には、764校・グループの56,234人が参加しました。
 2017年も、世界中のNGOや教職員たちのネットワークを通じて、世界100カ国でキャンペーンが行われ、日本では小・中・高等学校や、大学、専門学校、各種団体などで、2017年4月15日(土)から5月31日(水)まで一斉に開催されます。
 「世界一大きな授業」の実施団体である開発教育協会(DEAR)と日本YMCA同盟は、「世界一大きな授業」を実施したい学校や団体のファシリテーターを対象としたワークショップを全国3カ所(横浜、北海道、広島)のYMCAで開催します。
 「世界一大きな授業」を学校やゼミ、サークル、グループでやってみたい、という方を対象にした2時間半のプログラムです。皆さまのご参加をお待ちしています。

<ワークショップ概要> お申し込みはこちら から
◆日時、会場
(1) 横浜:2017年4月8日(土)10:00~12:30(9:45受付開始) 横浜中央YMCA 5階 501教室
(2) 北海道:2017年4月15日(土)13:30~16:00(13:00受付開始) 北海道YMCA 101教室
(3) 広島:2017年4月15日(土)14:00~16:30(13:30受付開始) 広島YMCA 本館 404教室
※いずれかひとつにお申し込みください。
◆対象
 「世界一大きな授業」を今年実施したい方。
 学生、教員、教員志望の方、テーマに関心ある方。 ※初めての方も歓迎します。
◆内容
・「世界一大きな授業2017」教材よりワークショップ体験
・ファシリテーターのコツや実践に向けての意見交換
・「世界一大きな授業」キャンペーンのご紹介、他
◆参加費:無料
 ※キャンペーンを実施し広めるためのご寄附を募っています。
  当日、500~1,000円程度を目安にご寄附をいただけると助かります。
◆定員:各回40名(事前申込制・先着順)
◆主催:教育協力NGOネットワーク(JNNE)
◆協力
 公益財団法人広島YMCA、公益財団法人北海道YMCA、公益財団法人横浜YMCA、
 NPO法人開発教育協会、公益財団法人日本YMCA同盟 
◆お問い合わせ
 NPO法人 開発教育協会(DEAR)
 担当:小口(おぐち)様、八木様
 Tel:03-5844-3630(平日10~18時)

「世界一大きな授業2017」特設サイト 
            

お問い合わせ先

名称 公益財団法人 日本YMCA同盟
所在地 〒160-0003 東京都新宿区本塩町7番[地図
電話番号 03-5367-6640(代表)
FAX番号 03-5367-6641
メール メールフォームからお問い合わせください