ホーム > プログラム・活動紹介 > ボランティア

ボランティア

概要

YMCAはボランティアと有給スタッフがともに責任を担うボランティア・アソシエーションです。その働きは、それぞれのYMCAが置かれた地域社会の状況とニーズにより多岐にわたっていますが、その目的と使命は民族や国籍、信条や宗教、性別の壁を超えて、「共に生きる世界」を創り出すことにあります。特定の分野に限定されない多様なボランティア活動とボランティアの層の多彩さ、そして国際的なネットワークをもつことがYMCAの特色です。

ユースリーダーの活動

野外活動、体育活動、学習指導など、子どもたちの心身の健全な成長を願って各地のYMCAが日常的に展開している活動に、子どもたちのリーダーとして関わります。

地域・福祉活動

地域においてさまざまな福祉や教育の課題を担っています。障がい児(者)のサポートプログラム、路上生活者への支援、平和活動、環境への取り組みがあります。

ポリシー・ボランティア

YMCAの運営の基本は、ボランティアの会員と専従の職員がともに責任を担うパートナーシップにあります。会員の中から選ばれたボランティアの会員が、専従職員と協力して方針の決定や計画の立案にあたります。

募金ボランティア

YMCAのボランティア活動の資金は、個人や団体による募金や寄附金、助成金によって支えられています。これらの資金づくりに協力するのが募金ボランティアです。

プログラムボランティア

国際協力や福祉ボランティアなど、活動の現場に直接関わる人たちです。ご希望のYMCAにボランティア活動を申し込み、オリエンテーションや研修を受けてから活動を開始していただきます。

ユースボランティア

YMCAのボランティアのなかで、18歳から30歳の人たちは「ユースボランティア」と呼ばれ、ある一定の要件を満たした方、毎年700名前後を「日本YMCAユースボランティア認証者」として認証しています。

ワイズメンズクラブ

ワイズメンズクラブは、1922年に米国のトレドYMCAの青少年活動を支援する社会人クラブとして発足して以来、YMCAの最も強力なサポートクラブです。

企業の社会貢献活動

各地域のYMCAには、YMCAの理念に賛同し、その活動を支援することを目的とした法人による「賛助会」などの組織があり、全国で約700の企業・団体の加盟があります。

参加者の声

街頭募金に参加して

わたしはYMCAで募金活動のことをしりました。それから毎年、プログラム活動イベントのお手つだいをしたり、街頭募金に弟と参加したりしてきました。とてもたくさんの人たちが、募金をしてくれました。一人でも多くの人の役にたてたら嬉しいです。(奈良YMCA/Yさん)

ユースリーダーの活動を続けて

ユースリーダーをしています。プログラムに初めて参加した子がいても、子ども同士すぐに仲良くなるなど、子どもたちの動きに驚くことが多々あります。私はそれを見ながら、自分も責任感が強くなったと思います。子ども同士の関わりをどうしたら良い方向にもっていけるかなど、他のリーダーと協力していく大切さを学びました。(とちぎYMCA/Aさん)

現地に行って感じるもの

ボランティア活動を通して、世界には不公平がいっぱいあることを感じています。支援したり、救済したりの目的で物やお金を送ることはもちろん良いことですが、実際に現地に行ったり、現地の生活をしてみたりすることは、もう一つの平和への糸口ではないかと考えました。これからもしチャンスがあれば、行ってみたいと思います。(仙台YMCA/Sさん)

お問い合わせ

YMCAのプログラム・活動に参加をご希望される方は、こちらのページでお近くのYMCAを探すことができます。
皆様のご参加を心よりお待ちしています。