ホーム > YMCA国際協力募金

YMCA国際協力募金

2015年度日本YMCA同盟国際協力募金使途報告

すべての人々が国、民族、宗教の違いを認め合い、平和にいきいきと暮らすことができる社会をつくり出すための国際協力・地域奉仕活動を支えるため、YMCA国際協力募金へのご協力をお願いしています。
この募金は、草の根運動としてのアジアを中心としたYMCAの地域奉仕活動や日本のYMCAと現地のYMCAが協力して行う活動、他の民間団体をとおして人びとのために用いられます。国際協力募金は随時受け付けています。

国際協力募金リーフレット大人向けPDF
国際協力募金リーフレット子ども向けPDF

国際協力事業年次報告

2015年度も多くの皆さまにお支えいただき、子ども達の成長と世界の平和を願い国際協力事業に取り組んでまいりました。心より感謝申し上げます。
これからも未来を担う子ども達が、希望を持って暮らすことのできる社会をめざし、活動に取り組んでまいります。
*左のリンクより2015年度の活動と募金の報告書をご覧いただけます。

2015年度YMCA国際協力事業年次報告書

災害被災地への支援

地震や津波などの自然災害により困難な生活を強いられている被災地への支援を現地のYMCAや関係団体等と共に中長期的に行っています。被災地域で地元のYMCAと協力し、子ども達のためのキャンプの実施や、災害により親と離別した子ども達の施設等の支援を行っています。(フィリピンなど)
※YMCAの国際協力・支援は現地のYMCAを通し、特に子ども・青年たちのため、中長期的な支援を行います。

被災した教育施設の修復。楽しいお部屋に。

国内外のユースリーダーシップ開発・養成/エンパワーメント

青年たちが海外での豊かな経験や出会いを通して、平和な社会を作り出すことを願い、日本の青年たちの海外派遣、アジアの各国の青年たちの招聘・派遣支援を行っています。災害被災地でのワークキャンプ、スタディキャンプ、研修や会議に全国のYMCAを通して多くの青年が参加しています。

ゆったりと流れる時間。子ども達と談笑しながらお散歩(インドネシア・ジョグジャカルタ国際ピースキャンプ)

海外のYMCAが取組むプロジェクトの支援

アジア・太平洋YMCA同盟、世界YMCA同盟の行うプロジェクトに協力すると共に、東ティモール、東エルサレムのYMCAなどが行う活動を支援しています。

【東ティモール】
2002年に独立した東ティモールは、他国による支配を長期間経験し、独立後も失業、貧困、路上生活の子どもたちなど多くの問題を抱えています。「未来に向けての人材育成」のため、東ティモールYMCAが活動を行えるよう韓国と日本が協力して支援をしています。東ティモールのYMCAでは、サッカー教室、ユースリーダー育成、コーヒー生産支援などを行っています。

【東エルサレム】
パレスチナにあるYMCAでは長引く紛争と占領で負傷した青年のための職業訓練所、子ども達の心身のリハビリテーション、女性の自立支援などを行っています。また、オリーブの苗木を平和への願いとして植樹する「オリーブの木キャンペーン」と、収穫のワークキャンプを実施し、世界各国から支援者が訪れます。

「オリーブの木キャンペーン」ちらしと振込票PDF

東ティモールのYMCAでは、サッカー教室が行われており、100人以上が通っている。中には国の代表メンバーになった選手もいる。

世界各国から集まった人々と地元農家の人が共にオリーブを植え、収穫する。子ども達も一緒に苗木を植える。

世界の難民・少数民族、日本に暮らす外国人への支援

難民・移民や移住労働者・少数民族など、弱い立場にある人びとの自立および人権擁護及び自立支援に協力しています。近年では、日本における多文化共生社会の実現のため、新しい取り組みも行っています。

【パキスタン・ラホールYMCA】
アフガニスタン難民の子ども達のための学校を運営し、読み書き計算などの学習と、給食の提供、週一回の健康診断などを行っています。現在約80人の子供たちが学んでいます。

「給食おいしいよ」
パンと野菜の煮込みなどのメニュー

啓発・学習活動他

YMCAの国際協力は何をめざし、どのように実施されているのか、多くの人に呼びかけ、理解を深めるため、ポスター、リーフレットを作成するほか、「YMCA国際フォトコンテスト」を実施しています。

YMCA賞「長閑な校庭風景」

YMCA国際協力事業年次報告書

YMCA国際協力事業年次報告書PDF

寄附について

詳細はこちらのページをご覧ください。