Share
about_main

I first came to Japan 14 years ago for business. At that time, I had not dreamed I would be living here for this long. However not before long moved, by the warmth and magnanimity of the people and blessed with many good friends, I found Japan became my second home.

The FCSC “Foreign Community Supporting Committee” is a group of business people and ambassadors in Japan whom have come to love Japan as I have, wishing to give back to the Japanese society. Established in 1958, we work between our businesses to volunteer for children in need.

Over the 14 years of my time in Japan, the country as well as the world has overcome many changes. Even so, Japan has continued to stay rich and at peace. There are many sympathetic Japanese who have concerns to support people in distant countries under danger and in tragedy. However at the same time children with disabilities, undergone violence, hunger, natural disasters, exist here in Japan. There are many children who need support.

Recently, bullied children and young suicides are brought to light. These lives can be saved, children’s growth can be seen and smiles can be returned through creating a place of belonging; places where children can open their hearts and talk about their problems with others under the same conditions. I believe that we foreigners in Japan can make a difference for children in need and through this create an ever better country for the Japanese people. For the better, brighter future of the children and Japan we wish to continue our activities. Together, let us support the future of the children and our country, Japan.

私は14年前に、ビジネスのために初めて日本にやってきました。こんなに長い間日本で暮らすことになるとは、そのときは夢にも思っていませんでしたが、日本の人たちの温かさに触れ、良い友人に恵まれ、今では自分の故郷と同じように、日本を好きになりました。

国際賛助会(FCSC:Foreign Community Supporting Committee)は、私と同じように日本を愛するようになった外国人のビジネスパーソンや各国の大使によって、1958年に設立されたボランティア組織です。メンバーは皆、日本の社会に恩返しをしたいと考え、仕事の合間をぬって、日本の子どもたちの支援のためにボランティア活動をしています。

私が日本に暮らした14年の間にも、さまざまなことが起こり、世界は変わりましたが、それでも日本は平和で豊かな国であり続けてきました。私たちは、日本の人たちがいつも他の人のことを考え、遠い国の悲劇や危機にいち早く手を差し伸べる温かい人たちであることをよく知っています。しかしながら、災害や貧困、虐待、さまざまな障がいに苦しむ子どもたちは、遠い国だけにいるわけではありません。あなたの近くにも、助けを待っている子どもたちがいます。

最近の日本では、「いじめ」を受けている子どもたちや、自殺の低年齢化も指摘されるようになりました。家族以外にも自分を大切に思ってくれている人たちがいる、温かく守ってもらえる居場所がある、それが子どもたちの成長と幸せを支えます。私たち日本に暮らす外国人は、身近な子どもたちへの支援を通して、日本が今よりもっと幸せで住みやすい社会になることを願って、活動を続けています。

あなたも、私たちと一緒に、日本の子どもたちを支援してくださいませんか。