ホーム > 東日本大震災支援情報/JAPAN EARTHQUAKE UPDATE > 東日本大震災情報

最新情報

東日本大震災により被害を受けられた皆様へ

東日本大震災で被災されている多くの方々、特に家族を失い悲しみにある方々、消息が分からず不安な中にある方々の上に、神様の励ましと慰めがあることをYMCA関係者一同、心よりお祈り申しあげます。
日本のYMCAでは被災された方々の救援・復興を目的に、募金活動などの取り組みが行われています。
YMCAの連帯によってこの未曾有の困難に向かうことを誓い、一日も早い安全の確保と復旧のために、力を合わせてまいりたいと存じます。
皆様の尊いご支援とご協力をお願い申し上げます。

YMCAによる被災地支援の動き(3月31日現在)

更新日:2015年3月30日

盛岡YMCA宮古ボランティアセンターにおける活動 
◆アドベンチャークラブ3月例会(凧作り)
3月8日、2014年度締めくくりのアドベンチャークラブの例会を行いました。震災から4年を迎える時に、子どもたちと元気に凧作りに挑戦、凧あげを行いました。

仙台YMCA東日本大震災支援対策室における活動
◆"揚がれ!希望の凧2015 in 仙台" 
3月8日、"揚がれ!希望の凧2015 in 仙台"を広瀬川河川敷牛越緑地公園広場にて行いました。
小雨がぱらつく中、総勢36名で凧を揚げて、一日も早い復興への願いと亡くなられた方々へ哀悼を表しました。
◆写真展「東日本大震災支援」~4年の歩み~
仙台市内で行われた国連防災世界会議に合わせて、3月14~20日立町会館にて、仙台YMCAが震災後からこれまで記録してきた写真を展示しました。

3時間休まずに、夢中で凧づくりをする子どもたち(宮古)
小雨の中、子ども達の上げた凧(仙台)
現在も継続している山元町支援の記録(仙台)

国連防災世界会議パブリックフォーラム

更新日:2015年2月24日

3月14日~18日に仙台で行われる国連防災世界会議に併せて、市民団体などによるパブリックフォーラムが開催されます。
仙台YMCA、横浜YMCA、日本YMCA同盟では、このパブリックフォーラムの企画として、子ども達が日常的に自然災害からどう身を守るかを考え、体感することの大切さを伝えるシンポジウムとウォークラリーを行います。
また、日本YMCA同盟と日本NPOセンターが協働で行っている支援者ケアプログラムの実践報告と、その必要性や課題について考えるフォーラムを行います。

どちらも無料で参加いただけます。詳細は各プログラムのチラシ(下記PDF)をご確認ください。
多くの方々のご参加を心よりお待ち申し上げます。

◆ シンポジウム「災害から尊い命を守るために」
日時:  2015年3月14日(土)9:30~11:30
会場:  仙台市民活動サポートセンター 6Fセミナーホール

◆ 体験!「防災ウォークラリー」
日時:  2015年3月14日(土)13:30~15:30
会場:  仙台市西公園  (集合場所:仙台YMCA )
※横浜YMCA三浦ふれあいの村で地域の子ども達を対象に実施されているプログラムを体験します

◆ シンポジウム「災害支援者へのメンタルヘルスケアの必要性とその課題」
日時:  2015年3月15日(日)17:30~19:30
会場:  TKPガーデンシティ仙台勾当台 ホール2


国連世界防災会議パブリックフォーラム ホームページ


「災害から尊い命を守るために」「防災ウォークラリー」チラシ

「災害支援者へのメンタルヘルスケアの必要性とその課題」チラシ

国連防災世界会議パブリック・フォーラムテーマ館「市民協働と防災」企画事業
「防災ウォークラリー」も3/14に開催

YMCAによる被災地支援の動き(1月31日現在)

更新日:2015年1月31日

盛岡YMCA宮古ボランティアセンターにおける活動 
◆新年餅つき交流会
1月2日、鍬ヶ崎にある電器店の店先のスペースをお借りして新年餅つき交流会を実施しました。近隣の方や仮設住宅にお住まいの方にも多くご参加いただき、賑やかな時間となりました。

◆仮設住宅で手芸プログラム
1月17日、岩手大学の学生の皆さんと宮古市の河南仮設住宅および二中仮設住宅にて交流会を実施しました。参加者同士で会話を楽しみながら、身近な材料でオリジナルのぬいぐるみやアクセサリー作りに取り組みました。

仙台YMCA東日本大震災支援対策室における活動
◆山元町のいちご農園でボランティアワーク
1月18日、YMCAが震災以来定期的に支援を行っている山元町の岩佐いちご農園でボランティアワークを実施しました。今回のワークには、YMCAのスタッフや学生ボランティアに加えて、米国とメキシコからの交換留学生も参加。新しいビニールハウスを設置するために、設置場所の清掃やビニールハウスの部材の移動作業などを行いました。

YMCA石巻支援センターおける活動
◆石巻子ども学習支援プログラム
12月26日と27日、石巻市の児童館「石巻市子どもセンターらいつ」にて恒例の子ども学習支援プログラムを行いました。2日間で52名の子どもたちが参加し、その輪に地元の青年ボランティアも加わって、子どもたちの冬休みの宿題のお手伝いやクラフト遊びなどを行いました。

餅つき交流会では地元の子どもたちも率先してお手伝い(宮古)
身近な材料でぬいぐるみ作りに挑戦(宮古)
山元町いちご農園での支援ワークに参加した学生ボランティア(仙台)
児童館で子どもたちの学習をサポート(石巻)

YMCAによる被災地支援の動き(12月31日現在)

更新日:2014年12月31日

盛岡YMCA宮古ボランティアセンターにおける活動 
◆宮古の仮設住宅で餅つきとミニコンサート
12月10日、宮古市の赤前仮設住宅にて、餅つきとミニコンサートを実施しました。餅つきは、東京からのボランティアと地元のボランティア、そして仮設住宅の住人の方々が協同で行いました。ミニコンサートで力強い歌声と三線の音色を披露してくださったのは、沖縄・西表島の三線アーティスト、まーちゃんうーぽー率いる「まーちゃんバンド」。歌あり踊りありのステージで、会場にはたくさんの笑顔があふれました。

◆宮古と神戸の高校生が交流
12月27日、神戸市の六甲高等学校より高校生を受け入れ宮古市を案内した後、地元の高校生との交流プログラムを実施しました。交流プログラムでは、カードゲームを楽しむ一方で、同世代の目線で語られる震災体験や現在の心境などに熱心に耳を傾ける姿が見られ、特に神戸市の高校生にとっては被災地の今をさまざまな角度から見つめ直す機会となりました。

全国のYMCAにおける活動
◆白河市の仮設住宅で交流を深める―とちぎYMCA
12月21日、白河市の仮設住宅にて、住民の方々とクリスマスオーナメントを使った小物作りを行いました。とちぎYMCAでは、住民の方々との顔の見える関係を大切に、同仮設住宅への定期的な訪問を続けています。毎回の訪問では、テーブルを囲んで会話を楽しみながら団扇作りやエコバック作りなど、参加者の関心や季節に因んだ工作を行っています。

沖縄からアーティストを迎え仮設住宅で実施したミニコンサート。 命や自然を大切にする思いが届けられた―宮古
宮古と神戸の高校生交流プログラム。 被災地の現状を目と耳と心で感じる機会に―宮古

YMCAによる被災地支援の動き(11月30日現在)

更新日:2014年11月30日

盛岡YMCA宮古ボランティアセンターにおける活動 
◆宮古の小学生がイワナの採卵体験
宮古の被災児童を対象に2012年4月より毎月実施している定例野外活動「宮古アドベンチャー・クラブ」。11月は、通常の活動に加え、「イワナの採卵」を体験する特別例会を実施しました。宮古市の閉伊川漁業協働組合や閉伊川大学校、東京海洋大学にもご協力をいただき、丁寧な指導を受けながら子どもたちは初めての採卵に挑戦。手早く、やさしく、メスイワナから卵を取り出し、無事に3万5千個の卵の受精に成功しました。子どもたちが受精させた卵は、春にはふ化して大きないけすに移されます。

仙台YMCA東日本大震災支援対策室における活動
◆被災地小学生のサッカー交流会を実施
11月22~23日、仙台市の東北学院大学泉キャンパスにて被災地小学生を対象にサッカー交流会を開催しました。今大会には、気仙沼市・石巻市・名取市・仙台市より、全8つの少年サッカーチームが参加し、サッカーを通じた交流に加え、所属チームの枠を越えて寝食を共にした子どもたちに若いボランティアが寄り添いました。各チームの代表者からは、「昨年も開催されたこの大会は、子どもたちを成長させる最高の場。今後もぜひ継続して開催してほしい」との声が聞かれました。

YMCA石巻支援センターおける活動
◆畑作りのワークキャンプを実施
10月27~30日、石巻市内で畑作りのワークキャンプを実施しました。YMCA石巻支援センターでは、2年前より地元教会と共同で被災地域の空き地を畑や花壇に作り替えるプロジェクトを行っています。今回は、収穫を終えた畑の残りを撤去し、有機肥料を土に混ぜてかき回すメンテナンス作業を行いました。人口の約7割が被災して亡くなった海にほど近い地域に作られた畑と花壇は、現在住民の方々の憩いの場としても機能しています。

真剣な表情で初めてのイワナ採卵に挑戦する小学生―宮古
サッカーを通じて交流を深めた被災地小学生―仙台
サッカー交流会では、それぞれのチーム代表者による講話(テーマ:大津波~子どもたちの生活)を受け、ボランティアが防災について学び考える時間も設けられた―仙台
被災地域の空き地に作った畑のメンテナンスを行うボランティア―石巻

1 > 2 > 3 > 4 > 5