ホーム > 東日本大震災支援情報/JAPAN EARTHQUAKE UPDATE > 東日本大震災情報 > YMCAによる被災地支援の動き(8月29日現在)

最新情報

YMCAによる被災地支援の動き(8月29日現在)

更新日:2014年8月29日

盛岡YMCA宮古ボランティアセンターにおける活動 
◆宮古市の高校生との交流会を実施
8月15日、神戸市の六甲高等学校より生徒6名を宮古ボランティアセンターで受け入れ、宮古高等学校や宮古商業高等学校などの地元の高校生との交流会を実施しました。参加した高校生はゲームなどで少しずつ打ち解け、各々の震災当時の記憶や、現在携わっているボランティア活動のことなどを互いに共有しました。

仙台YMCA東日本大震災支援対策室における活動
◆介護福祉科の学生が高齢者施設でボランティア
8月19~21日、和歌山YMCA国際福祉専門学校より介護福祉科の学生38名を受け入れ、仙台YMCA近辺の被災地の視察および石巻市や山元町の高齢者施設でのボランティア活動を行いました。21日に訪問した山元町特別養護老人ホーム「みやま荘」は、同校の学生が2011年より継続して訪問している施設で、今回の訪問で4回目となりました。専門学校生による手浴や足浴のケア他、オカリナ演奏は多くの利用者から喜ばれました。

YMCA石巻支援センターおける活動
◆米国ヴァージニア州と石巻市の中高生が国際交流 
7月28日~8月3日、米国ヴァージニア州より中高生7名を受け入れ、石巻市の青年たちとの国際交流プログラムを実施しました。今回で2回目となる同プログラムは、石巻で被災して亡くなったALT教師テーラー・アンダーソンさんのメモリアル基金より支援を受け、「日米の懸け橋になりたい」という彼女の遺志を継ぐ日米の青年たちの交流を支えるものです(第1回は2012年夏に米国で実施)。来日した中高生は、ホームステイや石巻市の「川開き祭り」への参加を通じて地元の青年たちとの交流を深めました。

神戸と宮古の高校生が交流を深めました
山元町の老人ホームで専門学校生が手浴のケア
石巻市の「川開き祭り」に参加したアメリカの中高生

お問い合わせ先

名称 公益財団法人 日本YMCA同盟
所在地 〒160-0003 東京都新宿区本塩町7番[地図
電話番号 03-5367-6640(代表)
FAX番号 03-5367-6641
メール メールフォームからお問い合わせください